ほのぼのしない動物速報 (Ф∀Ф)

動物界は弱肉強食 決してほのぼのなど出来よう筈がない 血で血を洗う野生の世界へようこそ 動物専門まとめブログ

カテゴリ:

51-mPvidW3L._AC_SX466_

1: ばーど ★ 2020/02/28(金) 13:10:05.57 ID:JD3PMh9L9
ディズニーランドあすから臨時休園へ 新型ウイルス

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためとして、29日から3月15日まで臨時休園すると発表しました。

2020年2月28日 11時39分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012305861000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

続きを読む

hqdefault (2)

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1580654861/

1: みずいろの雨 ★ 2020/02/02(日) 23:47:41.41 ID:1KTR2q5N9
ディズニーのキャラクターで多くの人に愛されるミッキーマウスとミニーマウスだが、このほど米ラスベガスに現れたミニーはかなり血の気が多かったようだ。
多くの人が集まる中、ミニーマウスの着ぐるみを着た女性と女性警備員が取っ組み合いの喧嘩となり、ちょっとした騒ぎになった。『New York Post』『Mirror Online』などが伝えている。

1月27日にFacebookユーザーの「Princess BRodriguez」さんが米ネバダ州にあるラスベガスのある通りを訪れた時の動画を投稿したところ、多くの関心を集めた。
2つに分けて公開された動画には、ミッキーマウスとグーフィー、そしてミニーマウスが通りを歩く姿があった。

ところがその横には1人の女性警備員がおり、なにやらミニーの着ぐるみを着た女性と口論になっている。
すると着ぐるみを着た女性はミニーの頭部を手に持ったまま歩き、女性警備員を激しく罵った。
一方でミッキーとグーフィーは、通りを歩く人に手を振り愛嬌を振りまいている。

その直後、女性警備員がミニーの女性に掴みかかり、殴り合いの喧嘩になってしまったのだ。
そこでミッキーの着ぐるみを着た男性が仲裁に入ろうとしたが、激しく拳を振り上げるミニーの女性に顔面を殴られ、巻き添えを食ってしまった。
地面にミッキーとミニーの頭部が転がる中、なおも殴り合いは続いた。

その横ではグーフィーが仲裁に入ろうとする素振りを見せたものの、その場を見守るしかなかったようだ。
そして通行人の男性が手を貸したことにより、何とか2人の女性を引き離すことができたという。

ミニーの女性はまだ怒りが収まらない様子で、女性警備員に向かって「この雌犬が!くたばっちまえ!」と吐き捨ててその場を後にした。
ミッキーの男性がミニーを追いかけているが、グーフィーの男性は地面に転がっていたミッキーとミニーの頭部を抱えて後を追うように去っていった。

その瞬間、周りで見ていた人達から笑い声と歓声が起こった。
この乱闘シーンの動画はのちに削除されたが、動画はTwitterでもシェアされると2日間で580万回の再生回数を記録しており、このような声が見受けられた。

「ミニーは今、WWE(プロレス団体)のメンバーかもね。」
「ミニーのパンチ、プロボクサー並だったね。」
「地球上で一番幸せな空間を作るはずの彼らが…。しょうもないね。」
「面白かったけど、うちの孫娘には見せられないわ。だってミニーの大ファンだから。」

ちなみに女性警備員はその後、警察に苦情を申し立てたようでラスベガス警察署では「現在問題を調査し、容疑者を特定するつもりです」と明かしている。

※動画があります

https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20200201_663385/

続きを読む

a1adf635

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1580375099/

1: 孤高の旅人 ★ 2020/01/30(木) 18:04:59.36 ID:kxAQvaHT9
ディズニー値上げ、大人は8200円に ランドもシーも
2020年1月30日 17時37分
https://www.asahi.com/articles/ASN1Z5RL2N1ZULFA026.html?iref=comtop_latestnews_02

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは30日、4月1日以降に販売するチケット料金(税込み価格)の値上げを発表した。値上げは、消費増税に伴って実施した昨年10月以来となる。
 東京ディズニーランドか東京ディズニーシーのいずれかを1日楽しめる「1デーパスポート」は、大人が700円値上げして8200円に、中高生は400円値上げして6900円になる。4歳以上の幼児・小学生は4900円で据え置く。3月末までに値上げ前の値段で販売される前売り券は、4月以降も利用できる。
 両パークで遊べる年間パスポートは、大人と中高生で8千円値上げして9万9千円となる。広報担当者は値上げ分について「パークの価値を高め、より満足度の高い施設にするために使う」と説明する。
 また、ディズニーシーを14万平方メートル拡張して開業する「ファンタジースプリングス」のオープン時期を、22年度下期から23年度に延期することも発表した。このエリアには映画「アナと雪の女王」などを題材としたアトラクションなどができる予定。広報担当者は「エリア内の詳細の検討に時間がかかっている」としている。総投資額は2500億円に変更はないという。(神沢和敬)

続きを読む

nezumi_pop_nenga_template_678-1024x690

http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540533034/

1: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 14:50:34.23 ID:KbCNiXql0
ねこ「にゃーん」

続きを読む

4

1: みつを ★ 2019/07/27(土) 17:59:30.00 ID:+BrHVkXp9
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/259155

衛生管理の徹底どこへ? 豊洲市場は開場1年でネズミ天国に

公開:19/07/27 06:00 更新:19/07/27 06:00

 開場から9カ月以上が過ぎた東京・豊洲市場。建物内で腐敗臭が漂い、黒い粉塵が舞ったりと問題続出だったが、新たな課題が浮かび上がった。ネズミが大量に発生しているというのだ。


「ここ最近、暑くなってきたからなのかアチコチで見かけますよ。2、3匹程度じゃ済まないでしょう。現場で働いている業者なら、誰もが見ているはずです」(市場関係者)

 市場では生鮮食料品を取り扱っているので、多少のネズミが発生しても不思議ではあるまい。しかし、そもそも豊洲市場への移転は、旧築地市場が「狭い、汚い、危ない」ことが原因だった。最新鋭で徹底した衛生管理をウリにした豊洲市場が、開場から1年も経たないうちにネズミだらけとは、とても笑えない。都に問い合わせると、「仲卸売場棟でネズミが発生しているとの報告を受けている。今後、業者と協力して対策を取っていく予定」(豊洲市場管理課)とのことだった。

■天井や壁の内側の「隙間」にすみつく

 ところが、そう簡単に駆除できる状況ではなさそうだ。豊洲市場はネズミにとって“安住の地”になる可能性が高いのだ。建築エコノミストの森山高至氏はこう言う。

「旧築地市場の構造は簡単に言えば、建物の大半が柱と屋根だけで成り立っていたようなシンプルな造りだった。ですから、ネズミは物陰に潜むだけでした。業者や都の職員にとっても駆除しやすい環境だった。しかし、豊洲市場は室温管理のため天井や壁の内側にスポンジや綿状の断熱材を入れており、多くの隙間が存在している。小動物にとってはすみやすく、外敵から逃げやすい環境にあると言えます。壁や天井の内側に逃げ込まれては、簡単に駆除することはできないでしょう」

 旧築地市場では数千匹のネズミが生息していると話題になっていた。旧築地市場の1.7倍もの広大な敷地面積を誇る豊洲市場は、将来的に数万匹がすみつく“ネズミ天国”になってもおかしくない。整備費に約6000億円もかかった豊洲市場。まだまだ巨額の駆除費用が浪費されることになりそうだ。

【豊洲市場でネズミ発見!】
(リンク先に続きあり)

続きを読む

↑このページのトップヘ